ペイントホームズ
福岡北店

外壁塗装における塗料の艶の美しさと機能性

外壁塗装において、艶は建物の外観を彩り、光沢感を与える要素の一つです。歩いている途中にピカピカ光る住宅やお店を見かけたことがあるでしょう。おそらく、その建物が艶有り塗料で塗られている可能性が高いです。

今回は、その塗料の艶に焦点を当ててお話ししていきます。

 

艶の種類と特徴

一般的に、塗料は艶があるものに対して、艶消し剤を混ぜ込むことで、塗膜の表面を細かい凸凹な形状に調整します。そうすることで艶がなくなり、見た目がツヤツヤと光沢を持たない仕上がり艶消し塗料になります。この艶の度合いは、7分艶、5分艶、3分艶などに調整されます。

7分艶: 少し艶を抑えたタイプで、色ムラや劣化のリスクを最小限に抑えつつ、耐候性や耐久性を確保できます。

5分艶: ピカピカ感が控えめで、耐久性や耐候性に問題が少なく、半艶(5分艶)塗料はつや消し剤を混ぜなくてもよく、信頼性があります。

3分艶:穏やかな上品さが感じられます。つや消し剤を利用して3分艶の光沢にする場合、耐久性や耐候性が低下する可能性があるため、留意が必要です。

 

艶のメリットと機能性

艶がある塗装には多くのメリットがあります。まず、塗りたての光沢があり、美しい仕上がりが実現できます。艶あり塗料はツヤツヤとした仕上がりになり、耐用年数が長くなります。耐候性にも優れ、汚れが付着しにくいため、外観が長期間美しさを保ちます。

 

外壁塗装では、艶の度合いを選ぶことで、建物に新しさと美しさを与えるだけでなく、耐久性や耐候性の向上にも寄与します。建物の特性や環境に合わせて適切な艶を選び、美しさと機能性の両立を図りましょう。